ギャンブルする人が必ず思うこと

競馬、競艇、パチンコといったギャンブルをするひとは、必ずといっていいほどやってしまうことがあります。
それは手持ちのお金がないとき、キャッシングして資金にしてしまうことです。
だいたいギャンブルする人は、キャッシングしたお金を元手にして、それで儲けて借りたお金はその日に返済すれば、残りはお小遣いになると考えてしまいます。
実際、競馬と競艇をやっている自分も休日で暇があって競馬場や競艇場に行きたくなったとき、そういうことを考えてやってしまうことがあります。
でも、だいたいこのパターンは失敗します。
お小遣いができるどころか借金が増えるだけに終わることが大半です。
実際、私自身ほとんど成功した記憶がありません。
特に惜しい外れ方した場合、次こそはと思ってまた同じことをして失敗することもあります。
こうなると、気がつけばこちらが考えている以上の借金になってしまい、あとあと後悔することになります。
かくいう自分も何度かありました。
幸い、自分の場合は返せる金額で踏みとどまったので、欲しいものを我慢してボーナスとかで返すことができましたが、中には勢い余って自分の返済能力を考えずに借りすぎて返せなくなる人もいたりします。
キャッシングは、ギャンブル以外で借りることと、自分の返せる金額を常に考えておくことが重要だと思います。

ページのトップへ戻る