手術が必要な状態を見分けてくれるクリニックという存在

包茎には様々な種類があります。
まず、一般的に一番ポピュラーだと言われるのが仮性包茎です。
こちらは包皮が余っている状態にあり亀頭に完全に被っている、または自然露出する程度の状態となっています。
この状態では根本まで容易に放屁を下げることが出来るため日常生活には支障をきたすことが少ないです。

しかし、カントン包茎や真性包茎には注意が必要です。
この2つは亀頭を完全に露出させることが出来ません。
したがって、亀頭に汚れが溜まってしまい清潔感が無いばかりが様々な病気を誘発してしまう危険性があるのです。
そのため、手術が必要だとされていますが男性自身にメスを入れるというのはなかなか安心できないという人も少なくありません。
中には手術の必要性を感じていながら放置してしまう人もいます。

もしも自分の包茎の具合に不安があるとしたら実績のあるクリニックでカウンセリングを受けるのが良いでしょう。
例えば、上野クリニックはノウハウが蓄積しているので、手術が必要なのかどうかを精査してくれることが出来ます。
さらに上野クリニックは男性専門クリニックとなっています。
そのため、男性自身のデリケートな悩みに対しても真摯な対応をすることが可能になっているのです。

包茎手術や包茎の治療について - 上野クリニック【公式】

ページのトップへ戻る