日本の食品流通を改革して文化育成をより促進させる存在

食というのは人類において極めて大切な行動のひとつです。
それを文化として見た場合、日本は世界の中でもトップクラスに磨き上げられた国だと言えるでしょう。
それを示すように「和食」がユネスコ無形文化遺産に取り上げられるなど、あらゆるところで日本食は称賛されています。

しかし、日本の食品流通はイノベーションが進んでいるとは言えない状況にあるのも事実です。
中間業者が平均7社も介在しなければ流通が正常に行き渡らないこともあってコスト削減が進んでいない状況にあります。
流通にかかるコストというのはエンドユーザーの価格に大きな影響を与えるだけでなく生産者の手取りを下げてしまう一因にもなるため、健全な食文化を育成するという観点においても重大な課題だと言えるでしょう。

このような課題を解決する企業が株式会社いずみホールディングスです。
代表取締役社長の泉卓真氏を筆頭に日本の食品流通をテクノロジーを使って変革しています。

今まで中間業者がいなければ流通を回すことが出来なかったという問題を独自の物流システムと全国の生産者や卸売業者と協力することで解決した株式会社いずみホールディングスには大きな注目が集まっていると言われています。

ページのトップへ戻る