キャッシングに対するイメージの変化

キャッシングとは主に消費者金融からの借り入れをさします。
給料日前の急な出費や冠婚葬祭など短い期間で返済できる額を借りるのに便利です。
金利は高めですが審査が早く即日振り込みが可能です。
ローンとは銀行からの借り入れをさします。
住宅、車、学費など高額で返済期間も長いので金利が低めに設定されています。
お金を借りるという意味ではふたつとも同じ意味ですし、最近のキャッシングでは一括払いでなくても分割やリボ払いもできるようになって、両者に大差はなくなりました。
でもいまだに何となくのイメージで、キャッシング=消費者金融=悪質と決め付けている人も多いようです。
ですが、今は無理な取立てが禁止されていますし、18%以上の金利をとられる心配もなくなりました。
また、初めて借りる人のために無利息期間を設けている会社もあり、その期間内であれば元金だけで完済できてしまうのです。
お金を借りることを後ろ向きに考える時代ではなくなりました。
もちろん、借りたら返さなくてはいけません。
借りる時には、いくら借りるかよりも返済できるかどうか考えることが大切です。
そのことを忘れず、金利や利息計算など知識を持って賢く借りれば、24時間いつでも強い味方になってくれます。

ページのトップへ戻る